裁判しといて取り下げって…ムカつくなあ

 独歩M議員がぼくに関する部分など、民主議員に対する訴えを取り下げた。
 裁判を起こすとき騒いで、あとで取り下げても罰されない。本当に正しいと思ってない人は、時々やる。裁判制度の悪用事例。裁判でマスコミを利用したわけだ。選挙戦術としての裁判とか、税金の無駄遣いとしか思えない。
 こういう人の思惑に乗せられないマスコミであって欲しい。ワイドショー感覚で報道したんだから、取り下げたことも報道しないかなと淡い期待ぐらいする。まあ、下記の裁判もほぼ確実に高裁で棄却されるし、あきらめて支払ってほしいものだ。支払い能力がある人の、ゴネ得な未収金対策は、厳しくしていきたいところ。
【8月1日判決 その後、控訴した模様】
■(地裁)政務調査費返還命令取消請求 区側勝訴(棄却)
 独歩・M議員が起こした訴訟。広報紙印刷費用は適法で正当な支出だから返還命令の取消を求めるという彼の主張に、平成17年度の政務調査費を、平成18年度の政務調査費として使ってるからダメ。会計年度独立の原則から返還命令は適法と判決。100万円以上の条例違反、法律が分かる議員なら、ゴネてないで返してほしい。時間と労力の無駄だ。
参考記事:私が監査請求した事例(2007/02/24)

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。